×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

シワができる原因

シワは何故できてしまうのでしょうか。加齢とともにシワは増えます。加齢とともにシワは増えますが、肌が老化し水分不足になったり、ハリがなくなったりします肌が元の状態に戻らなくなるのがシワかできる原因です。人間の肌は、真皮、表皮、皮下組織の3層で構成されています。真皮が表皮を支え、皮下組織が表皮と真皮を支えています。

しかし、その真皮に含まれている筋肉などの皮下組織の衰えとコラーゲンの減少が、シワが出来るおもな原因になります。紫外線は肌に良くないことはご存知だと思いますが、紫外線はシワの原因として関係があります。そして肌の水分が失われ乾燥が始まり、老化をはやめてしまいます、さらには肌成分のコラーゲンを傷めてしまいます。

睡眠不足は健康にも良くないですし、不規則な生活は肌の新陳代謝に悪影響となってしまいます。またエアコンによる乾燥もシワの一因になります。肌荒れはシワの原因になります。ダイエットによる栄養不足や偏食は肌荒れを引き起こします。メイクが落ちていなかったり、洗顔がちゃんと出来ていなかったりするなど普通のお手入れにもシワの原因があります。

肌に合わない化粧品を使ったりしていると肌トラブルを招きシワが出来てしまいます。シワが出来る過程では、生活習慣や肌質、体質などさまざまな条件が重なって出来るものですが、加齢によるシワを防ぐことは難しいでしょう。シワ対策は早めに若いうちからしっかりとしておきましょう。

関連サイト


シワのでき方

生まれたばかりの赤ちゃんの皮膚が一番良い状態ですが、加齢とともにシワが出来てしまいます。シワも年齢によって異なります。20代後半から老化へ向かいます。年齢を重ねてできるシワは、それぞれ特徴があります。平均的に20代の後半ぐらいからシワが出来てくる人が多いようですよ。気になるほどではありませんが、法令線が目立つようになります。ケアを怠るとだんだんと深くなってしまいます。

30代になると、筋肉の衰えにより、さらにシワが深くなります。特に目じりにシワが出来始め、これは笑いシワとは異なり、表情を戻しても消えないシワです。さらに40代に入ると、まさに肌の老化現象がおこります。なぜなら肌成分コラーゲンが半分以下になてしまうからです。顔だけではありません。顔以外でもさまざまな場所にシワができるようになります。

首や襟足やあごなどです。このシワは消えるどころか、深くなってしまう一方です。普段良く使う筋肉ではないところですのでよけいに深くなります。50代からは、顔全体にシワができるようになります。唇や口の周りなどあらゆるところに細かいシワからくっきりとしたシワまで、できるようになります。

年をかさねてきたシワはいわば生きてきた証とはいいますが、やはりいつまでもみずみずしい肌を保ちたいですよね。あくまでもこれは1つの目安であり、歳を重ねても、まだまだ綺麗な肌の持ち主はいます。シワと年齢は、必ずしも比例しません。ずっとキレイな肌でいたい、シワが出来ても「消して見せるわ!」という感じで気持ちを持つことが大事かもしれませんね。


リンク集1
リンク集2
Copyright © 2008 シワ All rights reserved.
- ホームページSOS -